• ホーム
  • 顔レーザーを当てるかハイドロキノンのケア用品か

顔レーザーを当てるかハイドロキノンのケア用品か

シミがあるとかなり一気に老けた印象になってしまうため、シミ取りは女性にとっては大きな課題です。
美容皮膚科であれば顔レーザーを当ててもらってシミを取るという選択しもありますが、この治療を受けるにあたっては昔から患者さんが不安に思うポイントがあります。
それは痛みはどれくらいあるのかという点や、顔レーザーを当てるのにかかる価格、あとは、顔レーザーを当てた施術後のダウンタイムです。
とくに最近では忙しい女性も多いなか、せっかく顔レーザーを当ててもらってもすぐに化粧ができなかったり、数日間はぽろぽろと皮膚がめくれてくるなどの症状があるとなるといくらシミ取りに効果がある顔レーザーだとしても、クリニックで治療を受けるのを躊躇してしまうでしょう。
施術を受けたあとは、絆創膏のようなテープを貼らなくてはならないこともあります。

一方で、顔レーザーを当ててもらうような治療を受けるほかにもシミをとることのできる方法はあります。
ハイドロキノンという有効成分の配合されているクリームを処方してもらえば、顔レーザーを当てたときのようなダウンタイムもないためたとえお仕事で忙しい女性であっても日常生活に支障を出すことなくシミを治療していくことができます。
こういったハイドロキノンクリームなら、使い方はスキンケア用品と同じなので、顔レーザーのときに不安となるような痛みもありませんし、ぽろぽろ皮がむけてくるということもありません。
普段のスキンケア用品とも一緒に使え、たとえば洗顔後にいつものスキンケア用品の化粧水でお肌をととのえてから、ハイドロキノンクリームを患部に塗っていく、という使い方ができますので顔全体の乾燥が気になってしまうこともありません。

人気記事一覧