• ホーム
  • 美白の為には温泉よりもハイドロキノンの方がいい?

美白の為には温泉よりもハイドロキノンの方がいい?

顔を洗っている女性

温泉というと疲労回復や健康増進効果の他に、美人になれるといった美容面での効能を求めて行く人も多くいます。
温泉の中には美肌や美白に役立つとされている所がありますが、その根拠は泉質に含まれている成分の作用によるものです。
温泉の中で美白作用があると言われているのは硫黄泉で、シミの原因となるメラニンの分解や除去を助ける効果があるとされています。
硫黄泉として知られているのは新潟の月岡温泉などがあるので、美容効果も得られる旅行を計画してみてはいかがでしょうか。
さて、温泉で美肌や美白効果が得られると言っても、たまに入りに行く程度では美容効果は一時的なものになってしまうことが残念な点です。
やはり、日常生活の中で美白を叶えるには、日焼け止めでの紫外線対策や美白用の成分が配合された化粧品でのケアなどを地道に行うことが大切です。
しかし、毎日こまめなケアをしていても、シミが出来てしまう場合はあるものです。
そんな時に、出来てしまったシミを薄くして出来れば消したいと思うなら、美容皮膚科などでハイドロキノンによる治療を受ける方法があります。
ハイドロキノンは皮膚の漂白を目的としてよく利用されている薬で、クリーム状になっているものが有名です。
ハイドロキノンにはシミの原因となるメラニン色素を作らせない作用や、メラニン色素自体を減らす作用があるので、老人性色素斑や炎症後色素沈着などの治療に使われており、多くの美容皮膚科で処方を受けることが出来ます。
ハイドロキノンは治療中に紫外線対策をしっかりする必要があるなどの守らないといけないことがあり、簡単便利にシミ治療が出来るというものではありませんが、多くの人がこの薬を使ってシミの改善に成功しているので、医師の指導に従いながら頑張ってみる価値はある治療法と言えるでしょう。

人気記事一覧